Large ships Anchor

帆船から戦艦まで多種多様な船舶で使用される大型錨・アンカーのご紹介

錨の名称と簡単な性能や特徴、把駐係数を説明致します。

ストックアンカー

ストックアンカー:Stock Anchor

 紀元前に鉄の錨が作成された当時からほぼ同じ形をしており、最も古いタイプの錨。爪の形(平爪)が錨の基本原理を成す。この錨は使用場所や用途によっ て様々な名前が付けられている。

特徴:ストックと爪が直交しており、必ず片方の爪が下を向くようになっている。収納性を上げるためストックが移動できる錨もある。

把駐係数:~5 (良好な砂地の場合)

トロットマンスアンカー

トロットマンスアンカー:Trotman's Anchor

 ヨーロッパの帆船で多く使用されており、アーム部が可動式になっている。類似にポータスアンカーがある。初代日本丸及び海王丸がこの錨を装備していた。

特徴:爪の背に突き出ている突起が海底に引っかかり、爪が土中へ貫入する。片方の爪が土中に入ると、もう片方が寝た状態になる。

把駐係数:~5 (良好な砂地の場合)

マーチンスアンカー

マーチンスアンカー:Martin's Anchor

 フランスのMartinが1860年代に特許を取得。それまでの海軍錨より把駐力や利便性が良いとされ1880年代にはロイヤルソブリン級戦艦主錨として登場。初期は鍛造だったが鋳造の錨が登場すると、製造方法の違いなどから爪やクラウンの形状が少しずつ異なる(特許の発案者も異なる)錨が登場する。 日本の戦艦三笠の主錨としても有名。三笠のマーチンスアンカーは一番後期の形状。日本では十山字型錨と呼んでいた。

特徴:まだストックが残っているため揚錨・収錨作業に人手が必要。

把駐係数:~5

ホールスアンカー

ホールスアンカー:Hall's Anchor

 第1世代ストックレスアンカーの代表的アンカー。19世紀末にイギリスにて開発され、AC-14が開発されてからも多くの船で使用されている。収納性や取り扱いの良さが重視されており、開発後は商船などで使用され普及して行く。

特徴:錨の全長の3~5倍程度引かれると、シャンクを軸に必ず反転し走錨する。

把駐係数:3~5

JISストックレスアンカー

JIS-A型ストックレスアンカー:JIS Type A

 第1世代ストックレスアンカー。ホールスアンカーに変更を加えた日本型ホールスがJIS TYPE Aとなる。20世紀はじめに日本海軍で使用されるようになり、昭和26年にJIS型アンカーに指定され、日本における本船用アンカーの主流となる。現在でも数多くの船舶で使用されている。

特徴:特徴および把駐係数はホールスアンカーと同じ。

お見積り・お問い合わせはこちら

ダンフォースアンカー

ダンフォースアンカー:Danforth Anchor

 1940年頃にアメリカのダンフォースにより開発される。元々は小型のアンカーであったが、1950年ごろに中型船などで鋳造のダンフォースが使用されるようになる。しかし、ストックアンカーであるため商船では殆ど使われていない。

特徴:ストックが付いているが、フリューク角が開いているため安定性に欠ける。ただし、軽量なため高い把駐係数を誇る。

把駐係数:~10

バルドーアンカー

バルドーアンカー:Baldt Anchor

 第1世代ストックレスアンカー。20世紀はじめにアメリカバルドー社が開発したアンカー。シャンクのボールジョイントが特徴で、1901年に特許を取得している。このボールジョイントのアンカーを総じてバルドー型と呼ぶ。写真の錨は一般的な商船などで使用されており、アメリカ海軍で使用しているNavy Baldtとは多少異なる。

特徴:シャンクとクラウンがボールジョイントで連結される。爪はHall型よりも幅広く面積が大きくなっている。安定性はあまり良くない。

把駐係数:~5

バルドーストックアンカー

バルドーストック:Baldt Stock Anchor

 第1世代ストックアンカー。バルドーのストック型アンカー。主にアメリカで使用されていたが、数十年前までは日本でも製造され数は少ないが使用されていた。現在の日本丸建造計画当初このアンカーが艤装されるはずだったが、性能の低さにより不採用となる。

特徴:ストックはあるが、シャンクの開き角が大きすぎるため簡単に傾き把駐力が維持できない。

把駐係数:~6

JNRアンカー

JNR(国鉄型)アンカー:JNR Anchor

 第1世代ストックレスアンカー。洞爺丸事故によりJIS型アンカーの信頼性が失われ、当時の国鉄が開発したアンカー。バルドー型アンカーを基に設計している。爪形状やボールジョイントまで全く同じ。航海訓練所の大成丸が現在でも艤装している。

特徴:バルドーよりも両爪の間隔が広く安定性を考えている。Navy Baldtに近い。

把駐係数:~6

スペックアンカー

スペックアンカー:Spec Anchor

 第1世代ストックレスアンカー。イギリスが開発したアンカーで、英国豪華客船Queen Elizabeth Ⅱで使用されている。このアンカーも反転するため、決して安全とは言えない。 客船などでは錨を収納した際に見た目と波の抵抗を考えクラウンの平らな錨が望まれたためこの錨が開発された。

特徴:アームが細くクラウンが重くなっており収錨の際爪を閉じた状態で揚錨できる。

把駐係数:~5

エールスアンカー

エールスアンカー:Eell's Anchor

 第1世代ストックレスアンカー。1918にアメリカで開発されたもので、Hallのように反転しないよう工夫されている。しかし、把駐力が低い事とクラウンが幅広で邪魔になるため、大型船ではあまり使われなかった。

特徴:爪とクラウンの構造によって、傾きが発生しても復元する力が作用するため安定している。

把駐係数:~5

ONO-45 アンカー

ONO-45アンカー:ONO-45 Anchor

 第1世代ストックレスアンカー。尾道錨製造株式会社が開発した錨。バルドーの爪とエールスのクラウンを合わせた形をしている。NKのアンカー性能試験にて不合格だった為この錨を採用した船舶は無い。

特徴:エールスのクラウン構造をまねているので、収錨するベルマウスが特殊になる。

把駐係数:~5

JIS型TYPE B:AC-14

JIS型TYPE B:AC-14 Anchor

 第2世代ストックレスアンカー。イギリスの海軍研究所で20世紀初頭から続けていた開発研究により、約50年の歳月と莫大な費用をかけて登場したのが、このAC-14(Admiralty Cast 14)アンカーである。1960年に英国海軍技術研究所が公表し、海軍の正式アンカーに採用される。これを期に世界中に広まっていく様はホールスと同じであり、当時のイギリス海軍のネームバリューの高さがうかがえる。

特徴:ホールスアンカーのように反転することはあまりない。日本でも多くの商船が使用している。

把駐係数:~9

お見積り・お問い合わせはこちら

AC-17型アンカー

AC-17型アンカー:AC-17 Anchor

 第2世代ストックレスアンカー。AC-14型と同時期に開発された錨で、シャンクとクラウンの連結方法に特徴がある。錨を揚錨する際、必ずまっすぐ上がるように設計されており、潜水艦など特殊船舶に使われる錨。設計が特殊なため一般商船などではまず使用しない。豪華客船ダイアモンド及びサファイア・プリンセス号の船尾に艤装されていたが、2015年現在取り外されてしまい、AC-17の実物を見る事が出来なくなってしまった。

特徴:クラウンが重くバランスが非常に悪い。揚錨時に傾かず、内爪や外爪にならない。

把駐係数:~5

ストークスアンカー

ストークスアンカー:Stokes Anchor

 第2世代ストックレスアンカー。1965にイギリスの民間企業で開発された。開発者はエドワード・ヘンリー・グラハム・ストックス氏。これまでの錨に比べ把駐力も高く、安定性にも考慮したスタビライザーが付いている。しかし、スタビライザーの効果がまだ発展途上で、底質によっては反転現象が起きてしまう。また、AC-14よりも後発の錨だが「爪の薄さによる脆弱さ」を繰り返している。

特徴:安定性は考慮しているが反転もする。爪が薄く壊れやすい。

把駐係数:~11

Copyright © NGK LLC. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com